酒類販売業免許取得

免許取得

酒類を継続的に販売するには、酒類の販売拠点を管轄する税務署長による酒類販売業の免許が必要となります。

pic_d002

販売先が消費者や料理飲食店営業者、菓子等製造業者である場合は、酒類小売業免許が必要となります。

また、販売先が酒類販売業者や酒類製造者である場合は、酒類卸売業の免許が必要となります。

免許取得の要件

免許取得の要件しては、

①申請者等が人的要件(酒税法10条1~8号)を満たすこと

②申請者等の経営基礎が薄弱でないとされる経営基礎要件(酒税法10条10号)を満たすこと

③申請販売場が場所的要件(酒税法10条9号)を満たすこと

④販売免許を与えても酒類の需給の均衡を維持する需給調整要件(酒税法10条11号)を満たすこと

が必要となります。

このため、申請に当っては、これらの要件を満たすことを立証することが必要となります。

当事務所の業務

当事務所では、酒類販売に関わる免許取得の申請受任を業務としています。初回相談は無料です。お気軽にお問い合わせください お問い合わせ

pic_g120

この場合の当事務所の報酬額は、

一般酒類小売免許申請の場合は、12万円(税別)~

通信販売酒類小売業免許申請の場合は、10万円(税別)~

となります。

なお、免許申請の場合に登録免許税、各種証明書の取得経費等の実費が別途必要となります。

⇨ トップページ